ペイオフレシオ(損益比率)とは

ペイオフレシオ(損益比率)とは

説明

別名:リスクリワードレシオ

損少利大になっているか、損大利少になっているか確認する指標のこと。

勝ちトレードの平均利益額が負けトレードの平均損失額の何倍かを表す指標のこと

トレード成績(稼ぐ速さ)を評価する指標の1つ。

計算方法

ペイオフレシオ = [勝ちトレードの平均利益額] ÷ [負けトレードの平均損失額]

ペイオフレシオが1より大きくなるほど、損小利大ということになる

つまり、少ない負け額で大きな勝ち額を得たということ。

 

10回トレードを行って、

7回が勝ちで利益が70万円、

3回が負けで損失が90万円になった場合、

 

勝ちトレードの平均利益額 = 70万 ÷ 7回 = 10万

※一回あたり10万の利益をだしている

 

負けトレードの平均損失額 = 90万 ÷ 3回 = 30万

※一回あたり30万の損失をだしている

 

ペイオフレシオ = 10 ÷ 30 = 0.3

1を下回っているので損大利小になってしまっている。

勝ち平均額の力(0.3)よりも負け平均額の力が強い(0.7)ということ。

ペイオフレシオ1以下とは?

後日更新予定。

どうすればペイオフレシオの数値が上がるか?

トレード一回の勝ち額を増やすことです。

では勝ち額を増やすにはどうすればよいか?

Lot数とPips数を上げて勝つことです。

勝ちトレードのLot数とPips数を上げるという言い方もできます。

そうすれば、平均勝ち額が上がっていきます。

つまり、ペイオフレシオが低いということはトレード1回あたりの負け額が勝ち額に対して大きいということです。

ペイオフレシオ1とペイオフレシオ2で何が違うか?

後日記載。