余裕資金ができたら警戒すべきこと

余裕資金とは?

ここで言う、余裕資金とは利益のことだ。

開始証拠金が10万だとする。1日で5万稼いだら、証拠金は15万。余裕資金はこの5万のことだ。

なぜ警戒しなければならないのか?

これは短期間で爆益を出したことに起因する。

興奮して同じ(ロットを上げた)条件でトレードを続けた結果、大損失を喰らうケースが多々あるからだ。

FXをする目的として、短期間で爆益を出すのが目的なので尚更やりがちだ。

これがクセになると非常にまずい。ポジポジ病にも繋がる。

そして、このクセが非常に治りにくい。

短期間で爆益を出した経験が治りにくさに拍車をかけているのだ。

そもそもなぜこのような行為を繰り返してしまうのか?

端的に言えば、トレード設計(計画)が甘いからだ。計画外のことをやらないように前もってやる対応も甘いか、そもそもやろうとしていない。

簡単に儲かると当初の設計を無視して再度簡単に儲けようとして同じことを繰り返してしまう。その結果、想定外の損失を出して、その対応ができていないためさらに痛みから早く抜け出すため、早く取り戻すべく倍々賭け、ポジポジ病に陥る。

値動きに翻弄されて、短期間で大きく稼げる幻想に陥ると当初の計画を忘れてしまうというか脳の外に追いやられてしまうのだ。

特に、爆益後のハイな状態、含み損保有中、元本割れ確定後などストレス状態に陥るとこの傾向が強くなる。

どのように対応すればよいのか?

前もって対応を考えておく必要がある。そしてそれは常に強く意識して習慣化しておかなければならない。忘れてしまうからだ。

まずはそのハイな状態、ストレス状態をできるだけ避けることが重要だ。

ポジション保有中、期間中にチャートを見ない、損益を見ないことが対応方法の1つだ

爆益後にトレードを続けない、全額出金してしまう。外出して気を紛らわす。

あとはそれが本当にうまくできたかあとで検証しなければならない。

そのためには記録に残しておく必要がある。ブログを書くと有効だろう。

とにかく感情を平常心のままに保ち続けなければ、自動売買を行っても結果は同じだ。

計画外のこと(余計なこと)をしてしまうからだ。

その他の対応方法

スマホアプリを削除する。チャートを見ない。激しい値動き釣られてエントリーしてしまう可能性を排除する。