【fx・株・仮想通貨】トレード(投資)の難易度は?

あくまで私、SeTraderの意見ですが、下記のように感じています。

株(現物)> 仮想通貨(現物)> fx(その他先物)

 

なぜ先物は難易度が高いのか?

答えは簡単で、証拠金取引というルールが存在するからです。

 

証拠金維持率というある一定の損失額のラインが存在して、

そのラインを下回ると強制ロスカットされ、

証拠金が0に限りなく近くなるルールなのです。

これが、トレードを難しくしている1番の原因です。

 

1億円から0円という資産形成は許されるが、

マイナス1円から0という資産形成は許されないというルールなのです。

 

 

 

株・fx・仮想通貨の投資(トレード)にはどんな違いがあるのか

株(現物取引)

  • 銘柄にもよるが、乱高下しやすい
  • 銘柄が比較的一番ある
  • 証拠金維持率を考えて取引しなくてもよい

 

仮想通貨(現物取引)

  • 動くときは株以上に暴騰、暴落する
  • 通貨ペアがたくさんある
  • 証拠金維持率を考えて取引しなくてもよい

 

fx(信用取引)

  • 乱高下する時期が限られている
  • ロットを大きく賭けすぎると強制ロスカットになり、資金の大半を失う恐れがある
  • 少ない資金を短期に増やす可能性が比較的高い
  • 通貨ペアは株・仮想通貨に比べると少ない

 

投資を始めるなら何からがベストか

あくまで、株・fx・仮想通貨に限って話ですが、

どれも、少額から初めて、特徴の違いを知ることが重要です。

その特徴を活かした投資術を身につけていくことで、実力が上がり、成績が伸びていきます。

タグ検索

  • ルール
  • 難易度

 

以上